つかの間の休息@札幌
今年の夏、外も暑いけど、家の中の湿気が抜けない、抜けない・・・

在宅中はできるだけ窓を開けるようにしていたけど、
もう、カビがはえてきそうな湿度の高さにうんざりしてました。


そんな中、先日、はな父側の親戚の結婚式で札幌に行ってきました。

さすが、北海道!
札幌駅の外に出た瞬間、爽やかな風がそよそよ~!

同じ日本とは思えないほどのこの清清しさ。
ん~、やっぱ夏の北海道はサイコーだね~


f0114422_2343436.jpg



東京ではとっくに終わっているアジサイ(アナベルかな?)がとてもキレイに
咲いています。


初体験の北海道式結婚式。
予備知識は「会費制」ってコトだけ。

まず、会場のホテルに着いて、親戚の皆さんに挨拶。
ここまでは同じ。

で、会費を払う・・・ んだけど、どこでどうやって払うの?



あ、受付ね。
おお!受付に手提げ金庫! え?お釣りもOKなの?


会費を払い、新郎新婦の紹介や席順、お祝いメッセージの入ったパンフのような
ものを受け取る。


あら?「会費を確かに受領しました」と書いた新郎のシャチハタが押された
領収書もあるよ。

これは驚き!
なるほど、会費制とはこういうことなのね。


そして、席順。
普通、親族は一番下座だけど、見ると、なんと高砂の真ん前!
えー?こんな前に座っちゃってイイんだろうか・・・


どうやら「披露宴」という言葉は使わないとのこと。
「結婚祝賀会」、「ウエディング・パーティー」というそうです。

そして、いよいよ祝賀会が始まりました。

驚いたコト、箇条書きで書いてみます。


◎お赤飯に小豆じゃなくて甘納豆が入っている!
>>桜餅みたいな味がします。また違って、これもおいしい。

◎祝賀会の途中に「余興」がある
>>新郎新婦ともに学校の先生なんだけど、新婦側の校長先生が金の着物で
スキップで登場。「マツケンサンバ」ではじけまくっていたのには驚いた。
当然、みんな大爆笑!なんだけど、今まで出席した披露宴で大爆笑したコトって・・・
なかったかも・・・・

◎高砂の席の反対側(下座)にステージがあって、余興はここでやる。
>>両親への花束贈呈もここでやってた。司会の女性もこのステージの脇にいる。
東京だと高砂の脇に司会の人がいるけど。

◎お友達用、親族用それぞれの2次会の部屋がある。
>>祝賀会の前にも飲んで、祝賀会で飲んで、2次会でまた飲んで。
2次会終わって、また別の親族用の畳部屋へ移動してまた飲んで。


とにかく、お友達、親族ともに物凄い盛り上がりで、そのパワーには驚かされる
ばかりでした。
特に東京の披露宴などは、物静かな雰囲気がフツーなので、ギャップにビックリ。

新郎新婦側が「ご披露させていただく」のではなくて、
周りのお友達が「お祝いしてあげよう」という雰囲気のパーティーなんだなぁ
と思いました。

確かに合理的で、北海道式のほうが楽しいかも!

東京の結婚式もどんどん簡素になってきてるみたいだけど、シンプルすぎるのも
淋しいしね~

とてもいい経験でした♪

そして、次の日。
少し時間があったので、前から行きたいと思っていたところに行くことができました。

さて、それは何処でしょう?

当てた方には何かあるかも!


<おくやみ>

今日は、はな母にとって悲しい出来事がありました。
時々、お邪魔していたワンコブログの中で、とっても楽しい記事をアップしていた
モジーノ家のひねもす犬生活」のマルセルくんが突然虹の橋へと旅立って行きました。

マルセルくんは、とても表情豊かなワンちゃんで、笑顔が本当にかわいくて
モジーノ家の太陽みたいな存在なんだろうなぁと、いつも微笑ましく記事を
読ませていただいていました。

私が最近、ブログ生活を復活させて、またいつもの楽しい記事を・・・・と御邪魔したところ、
思いがけない訃報のお知らせ。

本当に、はな母もショックを受けています・・・・

マルセルくんは保護犬だったので、きっとモジーノ家で暮らせたこと、
一緒に遊べた楽しかった出来事に大感謝して、旅立っていったのだろうと思います。

いつかは来ることだとわかっていても、その覚悟が自分にできるのか・・・・
改めて色々考えたこの週末でした。

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by hana-shiba | 2009-08-23 23:59 | 出来事あれこれ | Comments(6)
Commented by チャコぼす at 2009-08-24 00:58 x
8月始めの1週間ぐらいは
気温が30℃近くあって、湿度も90%ぐらいの日が続いていたけど
そのあと過し易くなったんですよ。

甘納豆のお赤飯は私は食べませんね。
ご飯が甘くて気持ち悪くて。
ちなみにスーパーとかお店では、甘納豆と小豆の2バージョン売ってますよ。

私には普通の結婚式の様子だけど、そんなに驚きましたか~。
北海道の結婚式っていえば、余興がメインな感じだけど・・・
そういえば、新郎新婦の友人(たいてい会社の親しい人)が発起人になって
パンフレットを作ったり、当日の受付をしたり、2次会のセッティングをしたり
私も何回かやったけど、結構大変なんですけど
本州ではそういうの無いですか?

次の日に行った所ってどこだろう~?
スープカレーを食べたとか?
札幌ドーム?
札幌にそんなに有名なスポットってあったっけ?

マルセル君の事は、病状を見守っていたけど
まさかこんなに早く逝ってしまうなんて、夢にも思ってもませんでした。
でもマルセル君は幸せだったよね!
Commented by riki-mama at 2009-08-24 08:42 x
おはようございます。北海道の結婚式に行かれたんですね。
そうそう、会費制なんですよね。とっても和やかで、にぎやかで
楽しいものだったと憶えています。
法事のときも、そうなんですけど、いただいたお菓子などを、
箱を開けてばらばらにし、袋に詰めなおして、出席してくだっさた
方々に配るんです。習慣の違いって、新しい発見で面白いですね。

マルセルくんの記事、読ませていただきました。涙があふれてきて
しまいました。突然の死をなかなか受け止められないですよね。
でも、マルセルくんは、短い命でしたけど、飼い主さんたち家族と
楽しく過ごした思い出をもって、旅立っていったと思います。
ご冥福を祈るとともに、ご家族が早く、立ち直られることを
お祈りいたします。
Commented by hana-shiba at 2009-08-24 10:39
>チャコぼすさん
結婚披露宴、呼ばれる側はスピーチなどを頼まれた人以外は
何もしないので、ただ行くだけなんです。両家の正式行事にご招待
されたって感じで静かにしてますね~
2次会は友人たちが企画してくれるので、楽しい雰囲気だけど、
凝った余興とかはあまりないかな?

でも、本当に楽しかったので、東京にもこういう雰囲気を取り入れると
いいのになーって思いました。

次の日に行った場所、さすが地元のチャコぼすさん。
当たってます(^^)
詳細はのちほどアップしますね!
Commented by hana-shiba at 2009-08-24 10:56
>riki-mamaさん
北海道の葬儀、法事は何度か経験したのですが、そうですね!
お菓子を分けるってのもありましたね!
姪っ子たちと初めて分ける作業をやったときには、これはいい習慣
だなと思いました。 習慣の違いに最初は驚くですが、すべて
「なるほど!」と思うことばかりですね~

この冬、法事で行く予定があるのですが、また新しい発見が
あるかもと思うと、ちょっと楽しみだったりします。

マルセルくん、モジーノ家のあふれる愛情があったから、
きっとあの笑顔があったんだろうなとしみじみ思います。

ご家族には、ゆっくりと気持ちを整理していって、そしてまた
いつか楽しいブログでのやり取りができればいいかなと思ってます。
Commented by Michy at 2009-08-27 23:58 x
こんばんは。
へ〜、北海道の結婚式ってそんな感じなんだ〜。
私は行ったことがないので驚くことばかりです。
でも、ホント、合理的で、純粋に参加者が楽しめていいかも
しれませんね。
校長先生のマツケンサンバ、私も見てみたかったな〜♪
で、札幌で翌日行った所ってどこかしら??
旭山動物園は遠過ぎるし…
花畑牧場は札幌じゃないよね…
クラーク博士の像の前とか?!

モジーノ家のマルセル君は、本当にかわいくて、味の
あるワンコでしたね。
私も肺炎が治ると思っていたのでとてもショックでした。
いつか誰にでも訪れる“その時”ですが、やっぱり覚悟
なんてできないよね。
とことん悲しめばいいのかな〜なんて思っています。
Commented by hana-shiba at 2009-08-28 23:06
>Michyさん
花畑牧場、牧場のカフェがなんと時計台の向かいにありました。
空港にもキャラメルの宣伝の看板がたーくさんあって、花畑牧場絶好調ってカンジでしたよ~

マルセルくんの極上だった一生、本当に幸せワンコでしたよね。
はなは今の生活をどう思っているのかなぁ。
話ができるなら、ぜひ聞いてみたいところです。
<< つかの間の休息@札幌 その2 大変ご無沙汰しております >>
ブログパーツUL5