カテゴリ:闘病記( 28 )
ドックの結果
いよいよ初めてのドックの日。

朝9時に病院に入り、午後4時に終了、
はなにとって長い一日になりました。

3つのコースがあるのですが、高齢犬におすすめの一番検査項目が多いコースで
お願いしました。


生化学22項目
CBC8項目
レントゲン胸部(2枚)
心電図検査


プラス、例のしこりの検査です。


結果、
一番気になっていた「しこり」の正体は「溶けたチーズ状になった脂肪」でした!!!

先生の説明によると、

「皮脂腺が詰まって、皮下でどんどんふくらんでいって、こういうしこり状になるんですよね」

とのこと。

とりあえず、中身を全部取り除いてもらい、皮脂腺もカットしてくれたそうです。
でも、それでもまた皮脂がたまって、何度も膨らみが出てくる子もいるそうで、

「皮脂腺をカットしたから、まず大丈夫だと思うけど、もし膨らみがでてくるようだったら
早めに連れてきてくださいね」

だそうです。


血液検査は全く問題なしで、
「きれいな血液ですね~」とお褒めの言葉をいただきました(^^)v

ちょっと要注意?なのが、心臓のレントゲン。
心臓が右に寄っている? もしくは、右心室が肥大している? ようです。

生まれつき右に寄っているのか、何かの原因で肥大しているのかはわからないけど、
もし、変な咳をしたりするようなことがあれば、速攻再検査です。

咳は全くしていないけど、1年後に同じレントゲンを撮ってみて、心臓の大きさを比べて
みましょうということで、今回のドックは無事終わりました。


f0114422_2241325.jpg



さすがに疲れましたよ~
朝から絶食だったし…(泣)

よく頑張りました!
[PR]
by hana-shiba | 2010-08-23 22:44 | 闘病記 | Comments(6)
主治医の先生、病院を退職
あまりに長くブログを放置していたので、きっと相当の方々には忘れ去られて
いるだろうと思いつつ、久々の記事アップです。


はな父  「裕介先生、病院やめたらしいぞ」


裕介先生とは、はなの主治医。

緑内障を発症したときから、ずっとはなを丁寧に診察してくれたイケメン先生です。
義眼手術も両眼とも、裕介先生にやっていただきました。

初めての手術のときは、さすがに抱っこされた裕介先生の腕の中で
震えていたはなだったけど、2回めの手術、その後の診察のときには、
なぜか先生の前では、カッコつけるはな。

何も見えてないのに、イケメンの匂いだけはかぎつけていたようで(笑)、
私が触るとイヤがる前脚も、裕介先生にはおとなしく触らせてるし!
心なしか、スマイルを浮かべているような表情さえしてましたもんね。



そんな、はなの大のお気に入りの先生が病院を退職されたと
病院のホームページで知りました。




先生、どこに行ったのかな・・・


もしかして、独立されたんだろうか・・・


先生の名前をググっても、それらしい情報はわからず・・・





もし、近くに開業されるんだったら、何かあったときには診てもらいたいけど。

頼りにしていた先生の居所がわからず、ちょっとショックなはな母でした。

◎あれこれとドタバタしており、ブログの更新がすっかり滞ってしまいました。
また、時間ができたら、写真でもアップしたいと思っています。
よろしくお願いします。

皆さま、熱中症、夏バテにはお気をつけて、楽しい夏をお過ごしくださいね♪
[PR]
by hana-shiba | 2010-08-03 15:08 | 闘病記 | Comments(8)
雑誌「Shi-Ba」に掲載されました(取材編)
雑誌「Shi-Ba」の編集の方から連絡をいただいたのは4月上旬でした。

はなの緑内障&闘病について、ぜひ詳しい話を・・・とのこと。
ブログを通じてだけでなく、雑誌を通して広く緑内障の恐ろしさについて
知ってもらえるならば・・・と取材を快諾しました。



そして、4月のある土曜日、
はなのお気に入りの場所でShi-Ba編集の方と待ち合わせです。



f0114422_20434140.jpg




今日は何があるんですか?














2005年12月のある日、目をショボショボさせてたあの夜の様子から、
両眼義眼になってしまうまでのお話しを質問に答えながら、ポツポツと話しました。

はな父母も、過去のイヤなコトはあまり長く引き摺るタイプではないのですが
色々、質問に答えていくうちに辛かったあのこと、どうしたらいいものかと何日間も
悩んだこと、などがドンドン頭の中によみがえってきて、取材が終わったあとの
夕食の時間、はな父母ともに無言になってしまいました・・・

「そういえば、ああいうこともあったなぁ・・・」
「あの時はふんばったよね・・・」
「そうそう、もうあの時はどうしようかと思ったよなぁ」

などなど、緑内障との闘いはもう終わっているのに、全部思い出すのは
やっぱりツライ。 言葉がでてこなくなってしまう。


取材でのお話しがひと段落ついたところで、写真撮影をしました。

f0114422_21263678.jpg


年の功でしょうか、雰囲気を読めているようで随分イイ子にしてます。



おとなしくしてましたよ~
f0114422_21241847.jpg













取材を受けたことで、改めて病気について振り返るいい機会になりました。

犬の緑内障については、2年前くらいからShi-Ba編集部への問い合わせが
急増しているそうです。この記事を読んでくれた方が、予備知識として
「勝負の48時間」を頭の隅っこに置いておいてもらえれば、うちみたいな
「手遅れ」はもっと防げるのでは?と思っています。


しかし、もしもその手遅れになってしまったら・・・・

失明したからといって、不幸になるワケでも、惨めになるワケでも絶対ないんです。
これは、強調しておきたいと思います。

なぜなら、はなは今、こんなに楽しそうにお散歩したり、一緒に旅行に行ったり
おいしいパンや焼き芋に病気前と全く変わらない反応を見せているから。

お散歩でもまっすぐ歩けるし、お父さんのヒザの上にもピョンと飛び跳ねて
のっかることだってできるんです!
公園で走り回ることもできるようになったんですよ。

それは、訓練したわけでも何でもなくて、自然に、はな自らがやりだしたこと。
動物の適応能力には、本当に驚かされます。

短いワンちゃんの一生です。

できるだけ、「一緒に楽しく過ごす時間」の割合を少しでも多くしてあげたい!

そんなことを思いながら、取材を受けました。
ワンコをパートナーとしている皆さんの、そして緑内障に罹りやすい柴ワンオーナーさん
にとって、少しでも参考になれば、非常にうれしく思います。
[PR]
by hana-shiba | 2009-06-01 20:58 | 闘病記 | Comments(10)
雑誌「Shi-Ba」に掲載されました(お知らせ編)
今日発売の雑誌「Shi-Ba」7月号に、はなの闘病記が掲載されています。

f0114422_14195273.jpg



「A Dog’s Story」のページで、モノクロ4ページにわたり、
発症から現在に至るまでの経過が書かれています。

Shi-Ba取材の話など、後日アップしますね。
とりあえず、お知らせまで。
[PR]
by hana-shiba | 2009-05-29 14:25 | 闘病記 | Comments(6)
左眼の異変
今日は早朝から暴風が吹き荒れ、雨戸がガタガタと音をたて、
まるで季節はずれの台風でも来たかのようなお天気です。

さて、また1ヶ月ほどブログをご無沙汰してしまいましたが、その間に
少々色々とありました。

それは、実家のこと、会社のことやら様々なんだけど、
はなにも異変があり、ちょっと肝を冷やした出来事がありました。

はなの両眼は3年前、緑内障を発症してしまい、左眼、右眼の順で
義眼手術をしています。
手術後は、眼の状態は至極良好、手術したことによって、眼の表面に白い膜が
かかったような状態になっているのですが、見た目が少々悪いだけで、眼そのもの
は全く問題なく、ここまでやってきたのですが・・・・・

先月のこと。

先に手術した左眼全体に血のようなものがにじんで真っ赤っかに!

「な、なんだー? これは?」
「出血???」

「この赤みは結膜炎とかではないぞ、絶対」


即、手術をしていただいた先生のところに直行しました。
眼の写真やら検査、丁寧に見ていただきました。

そして、先生による今回の原因の推測・・・

義眼手術をする際、眼の奥の血管の一部をレーザーで焼ききっているのだけど
その時の出血はどうしても眼の中に少し残ってしまう。
その血が時間の経過とともに眼の表面に移動してきたことが考えられる。


ふむむ・・・・

眼自体が悪い状態になっているワケではないとのこと。
それを聞いて、ホッと一安心のはな父母。

はなの眼は膜がかかったように白っぽくなっていたのだけど、
表面に移動してきたどす黒い血のせいで、見た目は発症前の元気なときの
黒い眼に戻っています。

生身の身体ですから、色々あって当然とは思えど、ホントいろいろあるもんだと
最近、特に思うはな母でした。

身体に関しては、人間もワンコも「これで完璧!」はないんですよね。


☆はなの眼のかかりつけ医はY先生といって、スマートなイケメン先生。
はな父いわく、「どうも、はなはイケメンに弱いらしい」
Y先生の前に座らせると、表情がゆるんでゴキゲンなはな。
診察の時、どこを触られても決してイヤがらず、超いい子にしています。
見えなくても「イケメン」 かどうかなんて、わかるものなんだろうか・・・(笑)
[PR]
by hana-shiba | 2009-03-14 08:30 | 闘病記 | Comments(8)
脚力をつけよう!
前回、久しぶりにロング散歩に行ったときのはなの喜びようが
スゴかったので、昨日また行ってきました。

やっぱり、ワンコはアスファルトより土の上がいいよね♪

仕方ないんだけど、目が見えなくなってから運動量は明らかに
少なくなっています(^^; 散歩の時間はそれほど変わらないんだけど、
大きいのは「走らなくなった」コト。

以前は後ろ足が結構筋肉質だったのに、今はすっかり細くなっちゃってます。
体力はまだまだありそうなので、動かさないのはもったいない・・・

ということで、周りを気にせず、自由自在に動ける場所に行けばいいかな?!と。


この間よりスピードアップしてます。
ビックリなのは、少しだけど走ってる!!!




撮影途中、走ってるはなに私がビックリしてしまって、はな父から電話が
かかっているのに、無視しちゃいました(苦笑)


途中から、はな父も合流。
今度はお父さんと一緒に走る練習です。




かなりゴキゲンに思う存分動き回ったはなでした!

人間もそうだけど、足が弱くなると、老け込んじゃいますもんね。
今のうちにできる限り、トレーニングしておきたいと思ってます。
[PR]
by hana-shiba | 2009-02-12 07:20 | 闘病記 | Comments(8)
あれから2年
今日から2月。
我が家にとって、2月は忘れることのできない月なのです。
2年前の2月、はなは2回めの義眼手術をしました。

完全に失明してしまって2年。
最初は色々なモノを怖がったり、突然機嫌が悪くなって唸ったり・・・

日頃、ほとんど吠えたりしない静かなはなの変貌ぶりに
私たちは本当に戸惑いました。

結局、時間の経過がはなを癒してくれたのかな?
最近のはなの動画を久しぶりにアップします~♪

のんびり、まったりと深大寺に行ってきました!



目が見えないワンコにしては、結構動けてると親バカな私は思うんですが(笑)
どうでしょう?


f0114422_2234222.jpg


今日は風は冷たかったけど、日差しは温かかったですよ~









f0114422_22343614.jpg


日頃、アスファルトの上ばかり
のお散歩が多いので、
こういう所は本当に大好き!







f0114422_2235388.jpg


毎日来たいんですけどぉ~









f0114422_22363133.jpg

最近、パンがお気に入り♪
年末にホームベーカリーを入手して、何度か憧れの天然酵母パンを焼いてるはな母ですが、焼き上がりの香ばしい匂いが漂ってくると、はなの反応がスゴイんです。



バターも使わないし、塩も発酵をコントロールするためだけにほんの少しの使用なので
はなにもOK(^^)v。

↑の動画も、私がパンを入れた袋を振り回して、はなを匂いで誘っているので、
こんなシャキシャキした動きに(苦笑)。


先日、はなブログによくコメントをいただいているMichyさんところのミッチーちゃんが
見えていたもう片方の眼も緑内障を発症してしまいました。
今は目薬で眼圧をコントロールできているようで、安定しているとのこと。

はなは、眼圧コントロールはできていたのだけど、眼球の中に腫瘍があったので
やむなく義眼手術となってしまいました。
ミッチーちゃんにはずーっと自前の眼で頑張ってほしいです。

ガンバレ、ミッチーちゃん!
[PR]
by hana-shiba | 2009-02-01 22:47 | 闘病記 | Comments(12)
久しぶりの病院
f0114422_7144464.jpg


はなです。

みなさん、大変ご心配をかけました。
土曜日、がんばって病院に行ってきました。
ドキドキしながら、診察の順番を待ちました。








f0114422_71527.jpg



しばらく抗生物質を飲まなきゃいけない
のですが、深刻なモノじゃありませんでした。
ヨカッタです♪ 

で、どんなコトだったかというと・・・・・・・・・









f0114422_7134427.jpg
コレが問題の私の後ろ足。
デキモノというよりは「肥厚(ヒコウ)」らしい。
足を舐めるクセがあって、舐めることで、
指の間の毛がなくなり、そこの部分の皮膚が厚くなって、上の方にまで盛り上がってきたということだそうだ。






f0114422_713940.jpg
問題は足を舐める原因が何か?ということなのだけど、耳の中が赤く渇いているということもあり、細菌感染症の疑いもあるということで、2週間抗生物質を飲んで様子をみることに・・・・・
(ちなみにケフレックスという人間も使う副作用の少ない薬です)








f0114422_7132263.jpg


もうすぐお盆。
とりあえずは、ホッとしました・・・







f0114422_7142484.jpg

心配してくださった皆さま、温かいメッセージ、
コメント、うれしかったです。
本当にありがとうございました。
もう決して若くない年齢だし、定期的なチェックはやっぱり必要だな~と思いました。

これから本格的な暑さになるけど、
バテないように「ダイエット散歩」、頑張ります♪
皆さまも夏バテ、熱中症などに気をつけてくださいね~^^
[PR]
by hana-shiba | 2008-08-04 22:02 | 闘病記 | Comments(6)
夏のはな、昼と夜 そして・・・・・
珍しく、連日の記事アップです(苦笑)。

毎日暑い日が続きますが、先週よりは少し蒸し暑さがやわらいだかな?と
朝の散歩で感じています。


~昼のはな~
f0114422_7124860.jpg


小屋の入口に頭をのせてるけど、こんなんで首が痛くならないのかねぇ~、
不思議なスタイルでクークー寝ております。




~夜のはな~
f0114422_7133739.jpg


クーラーの吹き出し口の下で、フローリングの床にぺったりしてるのがお気に入り♪
横にある黒いのは蚊取線香の蚊やり器。線香の煙なんて、全く気にしてない様子。


これが、夏のはなの定番スタイル。 結局、寝てばっか(笑)。


ところで、最近落ち着いていたはなですが、
このところ、度々、左目を時々つぶったり、細目にしたりすることが多くなったことに
気づきました。 よくよく目をのぞきこんで見ると、目のキワがかなり充血していて、
血がにじんでいるような感じにも見えるのです。

また、左の後ろ足に黒いデキモノも2個発見。
散歩から帰ったあと、足をフキフキしているとき、
「この足の汚れ、なんだろう。全然とれないなー」と思いながら、石鹸でゴシゴシ。
でも昨日、ふと、「コレ、本当に汚れかな?」と思い、その部分の毛を私のフェイス
シェーバー(!)でそぉ~と剃ってみたところ・・・・
妙な黒いデキモノが2つ並んでいる!

他の足も注意深く触ってみると、見た目には全くわからないけど、手にあたる
ごく小さいデキモノのようなものが1個あった。

物凄く、物凄く心配になってきた。。。

デキモノに気づかなかった自分のド近眼&不注意、猛省を要す>私

前から人間ドック、じゃなく 「ドッグドック」に連れて行きたいとは思っていたのだけど
なかなか行く機会がなくて、延び延びになっていました。

「もうコレは、絶対行かねばならぬ!」

今週の土曜日、目のチェックと身体検査をお願いすることにしました。

都内の渋滞を運転するのはかなり苦手なはな母ですが、はなのためには
そんなことは言ってられません!

いい診断結果を期待して、土曜日はがっちり準備して病院に行ってきます。
[PR]
by hana-shiba | 2008-07-30 07:15 | 闘病記 | Comments(6)
はなの視線
片目を失明して1年、もう片方も手術して2ヶ月が経ちました。
発症してから約1年半。 長かったようであっという間だったな~。

完全に失明してしまったときには、「この先、どうなるんだろう」とか
「お留守番できなくなっちゃうんじゃないか」とか、あれこれ心配しました。

確かについ最近までは、急に機嫌が悪くなったり、突然フリーズしたり、
どうしたらいいのか困ってしまう状況も度々で、そのたびに色々策を練ってみたり
したものの、結局何もできず、お手上げ・・・な状態になってしまったこともありました。

目も当然全く見えていないワケですから、視線は宙を泳ぐ、泳ぐ・・・

頭は相変わらず時々ぶつけるけど、なんと最近視線がきちんと目的のトコロに
ぴったり合ってきているのデス!

はなときちんと視線を合わせられるとは・・・
見えてないのに、まるでこっちの顔を見ているかのよう。

「失明」という現実で、色々なコトを諦めていたのだけど、予想外のこういう
出来事がとてもウレシイ♪

ドッグランで走りまわることだけはできなくなったけど、他はほぼ元通りになって
きたかなと思う。

これからは徐々に年をとっていくので、アンチエイジングしないとね(^^)
私もですが・・・
[PR]
by hana-shiba | 2007-04-16 21:47 | 闘病記 | Comments(3)
ブログパーツUL5