左眼の異変
今日は早朝から暴風が吹き荒れ、雨戸がガタガタと音をたて、
まるで季節はずれの台風でも来たかのようなお天気です。

さて、また1ヶ月ほどブログをご無沙汰してしまいましたが、その間に
少々色々とありました。

それは、実家のこと、会社のことやら様々なんだけど、
はなにも異変があり、ちょっと肝を冷やした出来事がありました。

はなの両眼は3年前、緑内障を発症してしまい、左眼、右眼の順で
義眼手術をしています。
手術後は、眼の状態は至極良好、手術したことによって、眼の表面に白い膜が
かかったような状態になっているのですが、見た目が少々悪いだけで、眼そのもの
は全く問題なく、ここまでやってきたのですが・・・・・

先月のこと。

先に手術した左眼全体に血のようなものがにじんで真っ赤っかに!

「な、なんだー? これは?」
「出血???」

「この赤みは結膜炎とかではないぞ、絶対」


即、手術をしていただいた先生のところに直行しました。
眼の写真やら検査、丁寧に見ていただきました。

そして、先生による今回の原因の推測・・・

義眼手術をする際、眼の奥の血管の一部をレーザーで焼ききっているのだけど
その時の出血はどうしても眼の中に少し残ってしまう。
その血が時間の経過とともに眼の表面に移動してきたことが考えられる。


ふむむ・・・・

眼自体が悪い状態になっているワケではないとのこと。
それを聞いて、ホッと一安心のはな父母。

はなの眼は膜がかかったように白っぽくなっていたのだけど、
表面に移動してきたどす黒い血のせいで、見た目は発症前の元気なときの
黒い眼に戻っています。

生身の身体ですから、色々あって当然とは思えど、ホントいろいろあるもんだと
最近、特に思うはな母でした。

身体に関しては、人間もワンコも「これで完璧!」はないんですよね。


☆はなの眼のかかりつけ医はY先生といって、スマートなイケメン先生。
はな父いわく、「どうも、はなはイケメンに弱いらしい」
Y先生の前に座らせると、表情がゆるんでゴキゲンなはな。
診察の時、どこを触られても決してイヤがらず、超いい子にしています。
見えなくても「イケメン」 かどうかなんて、わかるものなんだろうか・・・(笑)
[PR]
by hana-shiba | 2009-03-14 08:30 | 闘病記
<< 予告 魅惑の新・お散歩ルート >>
ブログパーツUL5