はなの右眼その後 その1
相変わらず、はなは光を失ったままです・・・

緊急入院して点滴で眼圧を下げようとしたのですが下がらず、
結局、眼球に針を刺して水を抜くという形で眼圧を下げました。

幸いにも経過がよかったので、次の日には退院できたのですが
突然、真っ暗な世界に入ってしまったので、かなり不安げな様子。

焦点の合ってない目つきで右に左に宙を見ているけど、
「何にも見えないです・・・」って表情をする。
歩くのも恐々で、前足を一歩踏み出すのにかなり時間がかかる。
どうしたものかと正直考え込んでしまった。

でも、ワンコの適応能力ってスゴイものだということがすぐにわかった。
次の日には、何度も頭をぶつけながらも積極的に部屋の中を歩いてまわっている。
まるで「家具の配置場所を覚えるぞ!」とばかりの雰囲気で・・・
お散歩も退院3日後にはまるで目が見えてるかのように
トコトコ歩けるようになった。多少蛇行してるけど。

先生の話では「まだ見えるようになる可能性は残ってると思う」とのことで、
ステロイド剤を朝夕飲んでいる。
これで網膜が回復できるかどうかってところなんだけど、正直あまり期待はしていない。

それよりも、これから毎日の生活に不自由しないための色々な練習を
どんどんやっていこうと考えている。
方角を教えるために手を叩いたり、足音を大きく鳴らしたり、
ご飯の器をカンカン叩いてみたり・・・。

まだピンときていないことが多いけど、この調子なら慣れるのにそれほど
時間はかからないかもしれない。

でも、やっぱり薬が効いて、少しでも光を取り戻せればとちょっとだけ
淡い期待を抱いている。
[PR]
by hana-shiba | 2006-08-30 22:01 | 闘病記 | Comments(0)
<< はなの右眼その後 その2 緊急入院! >>
ブログパーツUL5