今度はメラノーマが・・・
昨日は、はなの定期健診の日だった。

毎日目薬を2種類、一日2回点しているので、目薬の補充もしなきゃいけない。
検査は残った右眼の眼圧チェックなどで、先生から毎回コメントをもらっている。

今回の眼圧は40。 
本来、眼圧はいわゆるローティーン、15以下が正常とされているので
この40は高すぎる数値。

目薬をキチンと点してるのに、眼圧が下がってない。

前の検診で、白目部分にメラノーマ(黒色腫)が見つかり、そのときには
「まだ小さい段階だから問題ないでしょう」と言われていたのだけど、
今回は大きくなっていた。
それが眼圧を下げる妨げになっているのではとのこと。 

さらに、眼球にできたメラノーマは70%が良性だけど
悪性の場合は、肺や肝臓に転移して命にかかわることになると・・・

先生には手術を勧められた(涙)
今、視力はないけど、うっすらと光は感じている状態の右眼。
手術をするとホントに真っ暗な世界になってしまう。

でもワンコの短い人生(犬生)、いかに一生を楽しく過ごせるかを考えての
先生の選択は「手術」なのだ。
うっすら光を感じている眼を捨てて、メラノーマの転移を防がなくてはならない。
命にかかわることだから、仕方がないけど、つらい決断・・・

f0114422_2332373.jpg


「これだけ眼圧が高いと相当痛むはずなのに、頭を触っても全然イヤがらない。
この子の性格から考えると、かなり我慢してると思う」と先生。

正直、泣けてくる。

そういえば、夜、足ばかりずっと舐めてるのは、痛みを紛らわせるためなのか。
私たちの想像以上に膨大なストレスが溜まっているのかもしれない。

二度目の手術、肉体的&精神的にどのくらい負担になるのか想像もつかない
けど、レメディなどでできるだけ和らげてあげたいと思っている。
[PR]
by hana-shiba | 2007-01-16 23:33 | 闘病記
<< 手術日決定 あったかいシャツ >>
ブログパーツUL5